農政 ニュース詳細

2019.11.06 
園芸学部・戸定ガーデンカレッジ開催 千葉大学一覧へ

 千葉大学は、11月3日、4日の両日、園芸学部の松戸キャンパス(千葉県松戸市)で、戸定祭を開催した。

講演する山口まり氏 当日は晴天の下、大勢の来場者で賑わった。園芸学部らしく、大勢の学生が出店で農作物の販売を行った。また、千葉大学と連携協力に関する協定を締結している福島県のJA東西しらかわも出店し、様々な農産物を販売した。
 千葉大学創立100周年を記念して建てられた戸定ヶ丘ホールでは、園芸学部・戸定ガーデンカレッジが行われ、同校卒業生の山口まり氏(NHK『趣味の園芸』講師)が、「目線の花飾りでおもてなし~手軽に作るハンギングバスケット」と題し、ハンギングバスケットの講演を行い、花による街飾りの重要性を、実例を交え説明した。
 ハンギングバスケットとは、引っ掛けたり、吊るしたりする、花の寄せ植えのこと。街の景観を良くするだけでなく、人々の生活に癒しや潤いを与えてくれる。また、それにより犯罪率が減り、街が安全になる面や、人と人のコミュニケーションづくりにもなる。ただし、そのためには、花を美しく保つための、水やりや整姿・病害虫の対策や追肥などのメンテナンスも重要だ。
 実例として、千葉県柏市の例を挙げた。JR柏駅前小柳通りの一画では、実施以前は夜中に若者がたむろして飲酒する等し、ゴミが増え、街の風紀が乱れていた。そこで山口さんが市に提案し、ハンギングバスケットでフェンスに花を飾ったことで、ゴミが減り、若者がたむろすることがなくなったという。
 山口さんは、今後もハンギングバスケットの有用性を説き、花の町飾りによる美しい街づくりを広めていきたい、とその重要性を述べた。

(写真)講演する山口まり氏(NHK『趣味の園芸』講師)


 この後のデモンストレーションでは、生花を使用し、来場者はハンギングバスケットを実体験した。
 この他、昆虫展ではムシクイズが行われ、子供も交じり大勢の来場者で賑わった。

賑わう昆虫展

賑わう昆虫展のようす

デモンストレーションで作成したハンギングバスケットデモンストレーションで作成したハンギングバスケット

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ