農政 ニュース詳細

2019.11.14 
台風15号・19号とその後の大雨の農林水産被害額3100億円を突破 一覧へ

 農林水産省が11月14日5時現在でまとめた台風19号とその後の「低気圧による大雨」と、台風15号による農林水産関係被害額(11月6日17時現在)の合計が3100億円を超えた。

 台風19号とその後の大雨による農業関係の被害は34都府県に及び、被害額額は1784億円を超えた。これに林野関係と水産関係の被害を合わせた38都道府県の農林水産関係被害は2585億円を超えている(11月14日5時現在)。

 さらに台風15号の農業関係被害額476億円、林野関係被害額30億円、水産関係被害額17億円を合わせると、農業関係被害額は2260億円、林野関係被害額は713 億円、水産関係被害額は136億円となり、これらを合わせた農林水産被害額は3108億円超となっている。
 なお、都道府県が農水省への報告したものには、被害数の報告のみで被害額は調査中のものがあり、今後とも被害額は増える見通し。

nous1911141301.jpg

台風15号被害状況


(関連記事)
台風19号とその後の大雨の農林水産被害額2000億円を突破(2019.11.05)
台風19号とその後の大雨の農林水産被害額1573億円超に(2019.11.01)
台風19号とその後の大雨で農業被害額は34都府県で800億円超(2019.10.30)
台風19号の農業被害は31都府県783億円超に(2019.10.29)
農業関係被害拡大 台風19号の被害778億円に(2019.10.28)
台風19号の農業被害は30都府県で600億円超(2019.10.24)
農作物 広範囲で冠水-台風19号 被害調査急務(2019.10.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ