農政 ニュース詳細

2020.03.25 
独ニーダーザクセン州の家きん肉など一時輸入停止一覧へ

 農林水産省は、3月24日、ドイツのニーダーザクセン州の家きん肉などの一時輸入停止措置を講じた。

 ドイツのニーダーザクセン州の七面鳥種鶏農場において高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)の発生が確認された旨、ドイツ家畜衛生当局から国際獣疫事務局へ通報があった。

 このため、同病の日本への侵入防止に万全を期すため、3月24日に同州からの家きん肉などの輸入を一時停止した。

 なお、ドイツからの「家きん肉等」、「家きんの卵」の2019年の輸入実績は次のとおり(財務省「貿易統計」)。
▽家きん肉等 6t(日本の総輸入量109万2956t)
▽家きんの卵 858t(日本の総輸入量2万5852t)

 なお、2017年から19年までの3年間、ドイツからの生きた家きんの輸入実績はない。

 
(関連記事)
米国サウスカロライナ州の生きた家きん、家きん肉など一時輸入停止 農水省(20.03.23)
チリの家きん肉など一時輸入停止を解除(20.03.17)
フィリピンの家きん肉など一時輸入停止(20.03.17)
ブルガリアの家きんなど一時輸入停止(20.02.21)
ドイツの家きんなど一時輸入停止(20.02.13)
デンマークの家きん肉など一時輸入停止 農水省(20.02.03)
ウクライナの家きん肉を一時輸入停止 農水省(20.01.22)
ハンガリー(ハイドゥ・ビハール県)の家きん肉を一時輸入停止 農水省(2020.01.17)
ハンガリーの家きん肉を一時輸入停止 農水省(2020.01.15)
ポーランドの家きん肉など一時輸入停止 農水省(2020.01.07)
英国サフォーク州からの生きた家きん輸入停止 農水省(2019.12.16)
仏ロワール・エ・シェール県の家きんなど一時輸入停止(2019.10.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ