左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

家族・小規模農業重視を-野党共同会派が提言2020年3月25日

一覧へ

 野党共同会派は2月24日、食料・農業・農村基本計画改定に関する提言を江藤拓農相に提出した。

野党共同会派が江藤農相に提言 農林水産大臣室野党共同会派が江藤農相に提言 農林水産大臣室
 

 提言では食料自給率についての指標が、これまでの政策との連続性をふまえて「カロリーベース」を前提とすることや、家族農業や小規模農業を重視し、兼業や法人など「多様な農業」を推進していくべきだとした。

 安倍政権の農政は規制改革推進会議などの議論を背景に改革が進められ、産業政策が優先されたとして、地域政策の充実を訴えた。

また、貿易自由化が進むなか、食の安心・安全の確保、農業・農村の多面的機能を発揮するため、農村に暮らし続けることができるよう「直接支払い」を進めるべきだと提言した。

 提言を受け取った江藤農相は「国会の衆参農林水産委員会は与野党ともめざすべき視点は同じ。提言は尊重すべきと考えている」などと話し、基本計画の自給率目標については、基本は「カロリーベースなんだということが分かるように(記述)していきたい」と語った。

 提言は、立憲民主党農林水産部会長・宮沢由佳氏、国民民主党・徳永エリ氏、社会民主党農林水産部会長・吉田忠智氏、社会保障を立て直す国民会議政調会長・重徳和彦氏の連名で提出された。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る