左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米国向け日本産なし 全国から輸出可に-農水省2020年4月20日

一覧へ

 農林水産省は4月17日、米国産向けの日本産なし生果実の検疫条件の緩和を発表した。

写真はなしの輸出に取り組むJA常総ひかり管内の園地写真はなしの輸出に取り組むJA常総ひかり管内の園地

 日本産なし生果実の米国向け輸出は、これまで鳥取県、長野県、福島県、茨城県の4県に限定され、品種も8品種(二十世紀、ゴールド二十世紀、幸水、新興、新世紀、長十郎、新高、豊水)とされていた。

 同省は産地からの要望をふまえて米国の植物検疫当局と協議を重ね、その結果、4月16日付けで沖縄県と一部の離島を除く全国から輸出が可能とするとともに輸出可能品種の制限が撤廃された。

 都道府県は米国向けなしの生果実の輸出に取り組む生産園地をとりまとめて植物防疫所の申請する。植物防疫所は袋かけ期直後と収穫期前に▽園地内に無袋や破袋の生果実がないこと、▽病害虫防除が的確に行われ検疫対象病害虫の発生が低密度に抑えられていること確認し、米国向け生果実の園地として登録する。

 また、都道府県は米国向けなしの生果実の選果、こん包施設を植物防疫所に申請し、防疫所は選果システムなどを確認し登録する。

 
関連記事
【JAの農産物輸出】JA常総ひかり ベトナムへ梨100トンで所得向上を実現(17.11.30)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る