左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ禍の生活苦 米と野菜で救おう‐農家と市民が会結成2020年5月14日

一覧へ

新型コロナウイルスは社会に大きな打撃を与えているが、仕事や住まいを失って「飯が食えない人が増えている」と危機感を強める農家と市民が、困っている人々に米や野菜を届けようと会を結成した。

会の名称は「コメと野菜でつながる百姓と市民の会」。コロナウイルスの感染拡大で仕事を失った人や収入が途絶えた事業主、シングルマザー、ネットカフェを生活の拠点にしていた人たちなどに貧困と飢えが広がっている。

こうしたなか、これまで農業政策や貿易問題などでさまざまな運動に取り組んできた人たちのなかから困っている人たちにコメを送れないかという声が上がったことを契機に会を結成した。農家はコメと野菜を送り、消費者は送料をカンパするという活動に取り組む。緊急の取り組みとして当面6月末まで行う。

コメは1個口20kg、野菜は段ボール1箱。送料カンパは2000円としている。送付先、入金先など詳しくは同会発表の資料に掲載。

本紙編集部にも読者から「子どもがお米を食べられずに雑炊を食べているとの事実がテレビで報道されていた」として、メールで「加藤厚労相、お米を食べれない子どもが日本にいることがわかっていますか。安倍総理、検事の定年延長なんてやっている場合ですか」と批判の声が届いている。

コロナ禍の生活苦 米と野菜で救おう‐農家と市民が会結成

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る