Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

withコロナ時代の農と食の発信 展示会のあり方とは 第6回オンライン無料トークライブ ファームステッド2020年7月6日

一覧へ

「農業と地域をデザインで変える」を合言葉に活動するデザインブランディングカンパニー、ファームステッド(北海道帯広市)は7月8日、「デザインで伝える力」をテーマに、対談特別トークセッション「ファームステッド[オンライン]トークライブVol.6」を午後7時からオンラインで開催する。

withコロナ時代の農と食の発信

「ファームステッド[オンライン]トークライブ」は、1年間で地球5週分に上る生産現場を訪れる同社のスタッフが、訪ねた先々で感じた人やモノとの出会い、全国各地の生産者の想いなどを紹介しながら、デザインで正しく"伝える"ことについてひもとく、週に1度のオンライン特別対談セッション。

第6回目のテーマは、「これからの展示会、農と食の新しい発信。コロナの時代の展示会の役割と変わるもの変わらないもの」。コロナ禍の中、農業や食を発信する重要な場である展示会のあり方も変わろうとしている。今回は、日本最大級の展示会、東京インターナショナルギフトショーを主催する(株)ビジネスガイド社の甲州利勝氏とファームステッド代表の長岡淳一氏による、今だからこそできる新しい発信の方法を探るディスカッションを送る。

◎開催概要
開催日時:7月8日 19時~20時
視聴方法:Facebook LIVEで配信、ファームステッドのFacebook公式ページのタイムラインから視聴可能
申し込み:不要
参加費:無料

【FARMSTEADのFacebook公式ページ】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る