Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

雇い止め、失職者に対応 通年入学可能な農業履修コース新設 日本農業実践学園2020年7月8日

一覧へ

茨城県水戸市にある日本農業実践学園は、雇い止めや失職者にも対応できるよう通年入学可能な農業履修コースを新設した。全寮制、補助金申請で全学費を充当できる場合もある。

農業実習に取り組む生徒農業実習に取り組む生徒

作物や家畜と一体の生活の中で学べる作物や家畜と一体の生活の中で学べる

7月から農業実践力養成科(社会人対象1年コース)に、通年入学できるカリキュラムを設けた。入学希望者は、選考の上、希望する時期に入学し、寮生活を送りながら、農業技術を習得することができる。

研修では、 学園の50ヘクタールの農場での実習を中心に、授業、生活を通じて農業生産・経営を学ぶ。選択科目として、稲作、野菜、有機野菜、さつまいも、畜産(牛・豚)、農産加工などがあり、1週間、3か月などの短期間履修コースも随時入学を受け付ける。

また、学生用のほ場では、個人が畑を管理し生産活動を行う。野菜など生産物の作付け計画から管理状況、部門の販売実績などを検証しながら学習する。さらに、土づくりや栽培の基礎学科、先輩農家の啓発講座、農業機械等の免許資格の取得など、実務に役立つ学習プログラムが組まれている。

卒業後に農業の自営や就職希望者には、農業次世代人材投資資金(18歳~49歳、年間150万円)や、シニア世代支援(50代、研修費免除)などの支援制度を受けられる可能性もある。また、農業法人の求人や農地の空き情報など、修了後の選択肢も多数あり、入学前の個別相談で、各自の方向性に合わせて研修内容を決めることができる。
学費は、1年間の食費・寮費が込みで49万8000円(税込)。

【日本農業実践学園】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る