想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

第3期生募集を開始 「コンパクト農ライフ塾」で(株)The CAMPus BASE2020年7月31日

一覧へ

インターネットを使った次世代型農学校「The CAMPus(ザ・キャンパス)」を運営する(株)The CAMPus BASE(ザ・キャンパス・ベース=東京都港区、井本喜久代表)は7月30日、「コンパクト農ライフ塾」第3期生の募集を開始したと発表した。

The CAMPus BASE

同社によると、「コンパクト農ライフ」とは「小さい農的暮らし」と「小さい農的商い」をより高い次元で両立させる省エネ型の新しい農家スタイル。

今回で3期目の募集となる「コンパクト農ライフ塾」は、そうした農家から得た同社の知見をもとに開かれるもので、新規就農を目指す社会人や副業で農業をやりたい人、今よりさらなる成長を目指したい既存農家を対象に据えている。

目指すのは「0.5ヘクタール(1500坪)で年商1000万円」というコンパクト農家で、それを基準にした専門育成講座をオンライン形式で展開する。

ときあたかも新型コロナウイルスの蔓延におびえる日々が続く日本において、オンライン開催で開催する同講座は魅力的だ。これまでの講座を振り返ると、受講生の4割ほどが女性で、年代的には30~40代が多く、一般的な農業スクールとは顔ぶれが違う点も特徴だという。

講座の開講日程は2020年9月12日~同10月17日の毎週土曜日(8月15日は除く)。6日間で全10講座を予定し、定員は20人、受講料は17万8000円(+税)となっている。

申し込み締め切りは、9月11日(金)午前10時で、定員に達し次第締め切りとなる。

【The CAMPus】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る