Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

生活・生業支援パッケージで復旧支援-7月豪雨被害 農水省2020年8月3日

一覧へ

農林水産省は7月30日、令和2年7月豪雨による農林水産関係被害への支援対策を決めた。

生活・生業支援パッケージで復旧支援

農林水産省は今回の支援対策について、大規模な風水害が頻発するなかで、毎年のように災害に見舞われている地域があり、復旧してもまた被災するという事態が繰り返されているとして、「農林漁業者の心が折れることのないよう」再度災害防止の観点や、さらに原形回復にとどまらない改良復旧の考え方もふまえることを強調している。

被災した農地などだけでなくその周辺も含めて災害への対応強化と生産性向上を一体的に図る取り組みを進める。

今回の災害では、河川の氾濫による浸水被害が広い地域で発生し、果樹、水稲、葉たばこへの土砂流入、農業用ハウスや機械、畜産物処理加工施設、林地荒廃などで広範囲に大きな被害が出た。
支援対策の考え方は、被災した農林漁業者を生活・生業支援パッケージで支えるというもの。

盛り込んだ対策は(1)土砂撤去に対する支援、(2)再度災害防止の観点をふまえた復旧、(3)農業用ハウス・機械、果樹等の再整備など。

再度災害防止では、激甚指定による災害復旧の国庫補助率のかさ上げ(農地83%→96%、農業用施設93%→98%)や査定前着工制度の活用による早期復旧を支援する。
災害関連資金の特例として5年間実質無利子化、貸付限度額の引き上げなども行う。

農業用ハウスは共済金の国費相当額とあわせて2分1補助、農業用機械・農業専用トラックなどは2分の1補助とする。

営農再開に向けた支援のうち、水田農業の継続に向け追加的に行う土づくりやほ場準備のための作業受託費などを支援する(補助率2分の1)。

果樹の植替えとこれによって生じる未収益期間の経費(10a22万円)のほか、大規模な植替えを行う場合の早期成園化(10a20万円)や代替農地での営農(10a52万円)などを支援する。植替えはかんきつ類で10a23万円、なし、りんごなどは10a17万円、省力樹形への植替えは10a111万円を支援する。かんきつ類の根域制限栽培が対象。

そのほか、樹体洗浄や樹勢回復、病害のまん延防止なども支援する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る