想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「棚田ばあ」作文・フォトコンテスト入選作品を決定 農水省2020年10月21日

一覧へ

農林水産省は、棚田地域を盛り上げる取り組みの一環として9月8日~22日の期間で募集した「~棚田ばあ~棚田で輝くお婆ちゃんの作文・フォトコンテスト」の入選作品を決定。13作品を公表した。

愛媛県大州市「樫谷棚田」の白石アイエさん愛媛県大州市「樫谷棚田」の白石アイエさん

国土の保全、水源かん養など多面的な機能を持つ国民共有の財産である棚田は、地域で農業を行っている人たちによって守られている。同省は、「棚田に恋」をキャッチフレーズに、棚田の魅力を広く発信しており、今回は、その取り組みのひとつとして、美しい棚田の守り人である「おばあちゃん」にスポットライトを当て、「映える(ばえる)棚田おばあちゃん」を募集した。

「おれは、ばあちゃんじゃ、ねえぞー!」と言いながらも、稲刈りが終わった棚田に出現した巨大なはざかけをバックに高い脚立の上でポーズをとる「棚田ばあ」。また、収穫作業が終わった棚田で、丹念に落穂を拾い集めながら笑顔を見せるお婆ちゃんの姿には、審査委員長で棚田学会副会長の安井一臣氏が「一粒の米も大事にする心に感動。ミレーの『落穂拾い』を連想した」とコメントしている。

入選作には夫婦愛を感じる"じい"と"ばあ"の仲睦まじい姿も。長年、一緒に棚田で農作業を続けてきた夫婦の息の合った作業風景やお昼ごはんでくつろぐ様子など、思わずほっこりする場面を文章と写真で切り取った入選作品は、農村の原風景のような棚田で働くおばあさんたちの姿を通して、日本の古きよき姿を見せてくれる。

なお、同省では棚田に関する写真を随時募集している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る