想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「クロテンコナカイガラムシ」が京都で初発生 京都府2020年10月26日

一覧へ

京都府病害虫防除所は山城地域のトマトに府内では未発生の「クロテンコナカイガラムシ」を確認し、10月21日に発生予察特殊報第2号を発表した。

雌成虫(体長3~4.2mm)クロテンコナカイガラムシ 雌成虫(体長3~4.2mm)

今年8月、山城地域の施設内で育苗中のトマトの葉に萎ちょう症状が認められ、茎葉にコナカイガラムシ科の一種と推定される成虫と幼虫の寄生が確認された。同虫を農林水産省神戸植物防疫所に同定依頼したところ、「クロテンコナカイガラムシ(Phenacoccus solenopsis Tinsley)」府内で初めて確認した。その後、9月に別の施設のトマト苗でも同虫の寄生が確認された。

国内ではこれまでに、沖縄県(スイゼンジナ、ヒマワリ)、佐賀県(ナス)、福岡県(ミニトマト、ナス)、愛知県(食用トレニア、食用金魚草)、山口県(トマト)、高知県(ナス)、鹿児島県(ミニトマト)、大阪府(ナス)、奈良県(ホウレンソウ)、長崎県(ナス)で発生を確認している。 海外では、南北アメリカ大陸の他、パキスタン、中国、タイ等のアジア各国、ヨーロッパ、オーストラリア、西アフリカ等世界各地で発生が確認され、分布を広げている。 雌成虫は翅を欠き、体形は楕円形。体長は通常3~4.2mm。背面に白色のロウ質物を分泌し、全体としては白く見えるがロウ質物が薄い部分があり、成虫及び2、3齢幼虫では特徴的な2対の黒斑があるように見え、1齢幼虫には見られない。

生態的特長として、雌成虫はワタ状のロウ質物の卵のう内に平均350個程度産卵する。繁殖様式は交尾後産卵する有性生殖と単為生殖の両方が知られている。1齢幼虫は数日間卵のう内で過ごした後歩いて分散し、雌は2齢、3齢幼虫を経て成虫になる。

「クロテンコナカイガラムシ」雌成虫と幼虫雌成虫と幼虫

雄は2齢幼虫の終わりに繭を作り、前蛹、蛹を経て羽化し、1対の翅を持つ成虫となる。同虫の単為生殖個体群における1世代の発育期間は平均70日程度とされる。 食性は広食性で、53科154種の植物への寄生が確認されている。海外ではワタ、オクラ、トマト、ナス等。国内ではその他にキク科、ホウレンソウ等への寄生が確認されている。

被害の特長として、寄主植物の葉、葉柄、茎、花芽及び果実に寄生する。吸汁により寄主植物を衰弱させる他、分泌した甘露(糖分を多く含む排泄物)が植物体表面のすす病菌を繁殖させる。

防除対策としては、今年10月12日現在、トマト等の野菜類で同種に対する登録農薬はない。発生を確認した場合は寄生部位を除去して、適正に処分する。雑草は同虫の発生源となるため、ほ場及び周辺の除草対策の徹底を促している。


その他、病害虫情報はこちら
bn_byogaichu2020.gif

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る