想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

秋冬の耕うんでジャンボタニシ等を防除 愛知県2020年11月18日

一覧へ

愛知県農業総合試験場は11月17日、水稲の秋冬期管理情報第1号を発表。収穫後の耕うんを秋期と冬期の2回以上行い、水田の秋冬期管理の実施を呼びかけている。

今年はイネ白葉枯病、スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の発生量がやや多く、ヒメトビウンカのイネ縞葉枯病ウイルスの保毒虫率が高い地点もみられた。
収穫後に耕うんを行うことで、これらの病害虫の次作での発生量を減らすことができるとし、秋冬期耕うんの有効性を示した。
収穫後の耕うんは、秋期が12月まで、冬期は1~2月に各1回以上行うことが理想としている。
秋期管理としてイネ白葉枯病とイネ縞葉枯病、冬期管理でスクミリンゴガイを紹介。防除策等は次のとおり。

〇イネ白葉枯病
9月下旬の巡回調査において、イネ白葉枯病の発病株率は 3.79%(平年1.80%、前年9.76%)とやや高い状況だった。エリア別では尾張、海部地域を中心に、ほ場全体で発病株が見られたとの報告もあった。 この病の病原菌は被害わら、もみで越冬し、次作の伝染源となるため、秋期に稲わらをすき込む。また、畦畔雑草であるサヤヌカグサでも越冬するため、畦畔除草を行うよう促している。

〇イネ縞葉枯病
8月下旬の巡回調査では、この病の発病株率は0.05%(平年0.18%、前年0.16%)と平年並だった。しかし、一部ほ場で、ヒメトビウンカのイネ縞葉枯病ウイルス保毒虫率が高い地点があったため、注意を呼びかけている。 この病は、ヒメトビウンカが媒介するため、ヒコバエがヒメトビウンカの生息場所になるほか、発病株のヒコバエは病原ウイルスの伝染源となる。そのため、収穫後はできるだけ早く耕うん、または除草剤で枯らし、ひこばえを放置しないようする。
ヒメトビウンカは、畦畔等のイネ科雑草でも越冬するため、ほ場周辺や畦畔等の除草を徹底する。

〇スクミリンゴガイ
7月下旬の巡回調査において、スクミリンゴガイの発生ほ場率は、34.8%(平年24.8%、前年32.5%)と、過去10 年で最も高い状況だった。 スクミリンゴガイは、水田や用排水路で土中に潜って越冬する。寒さに弱いため、厳寒期の1~2月に耕うんを行い、貝殻を破壊して寒風にさらすことで、越冬量を減らすことができる。
耕うん後はトラクターをよく洗浄し、未発生ほ場への持ち込みを防止するよう注意を促している。
この他、イネ白葉枯病、イネ縞葉枯病が発生した地域では箱施薬の検討する。スクミリンゴガイの防除対策では、農水省が公開しているマニュアル等を参考にすることとしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る