想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ハクサイダニなど低温期の防除法を紹介 東京都2021年1月5日

一覧へ

東京都病害虫防除所は低温期に発生する病害虫防除方法をまとめ、1月の防除のポイントとして公表した。

主な病害虫の防除法は次のとおり。

株元に密集するハクサイダニ株元に密集するハクサイダニ

〇ハクサイダニ
真冬に発生し近年被害が増加傾向にある。コマツナ、ホウレンソウ、シュンギクなど多くの作物を加害する。被害葉は銀白色し、さらに被害が進むと枯死する。

胴長は0.8mmで色は黒色、脚は赤色と派手なため非常に目立つ形態をしている。行動は素早く、葉裏で見つけてもすぐに隠れてしまうため、発見が遅れるケースが多い。春から秋に休眠卵の状態で経過した卵が10月頃に孵化し、加害を開始。3月以降に産卵される卵は休眠卵となるため、被害は5月初め頃に終息する。

被害株は餌となり、卵が多く産み付けられているため、発見次第早期に抜き取るよう注意を促している。

被害の多かったほ場には土壌中に多くの卵が残り、翌年の発生源となる。そのため、盛夏期に1カ月程度、土壌の太陽熱処理を行うことで、この種の発生が抑制されるとの報告もある。薬剤防除をする場合は、防除指針を参考にするよう促している。

〇クローバーハダニ(クローバービラハダニ)
コマツナやホウレンソウの葉の表面に線状の白い斑点があり、素早く動く赤黒いダニを確認した場合、この種の被害と考えられる。冬季は無農薬栽培の施設で多く発見される。ほとんどの場合、防除の必要はないが、薬剤防除をする場合はハダニ類に登録のある農薬が使用できる。

〇ヤサイゾウムシ
10月頃からハクサイ、コマツナ、カブなどで発生する。12月の巡回調査では、コマツナで発生を確認している。過去に八丈島でセルリーの被害が報告されており注意を促している。

カブべと病ブべと病

〇べと病
【アブラナ科野菜】
11~3月にかけて、施設栽培やトンネル栽培のコマツナやカブなどに発生する。主な病徴は、葉への淡褐色の不定形~多角形病斑形成と黄化だが、カブに発生した場合は、根内部に小黒点が発生することがある。

作物が長時間ぬれた状態になっていると急速に拡大し、防除が難しくなる。そのため、換気や除湿などを行い、作物体周囲の湿度をできるだけ低く保つよう心がける。

イチゴ灰色かび病イチゴ灰色かび病

〇灰色かび病
【施設野菜および花き類】
巡回調査では施設栽培のトマト、花き類などで灰色かび病の発生が確認されている。病原菌は多くの作物に寄生するが、特にこれからの時期は加湿環境になりやすい施設栽培で発生が多くなるため、注意を呼びかけている。

作物が長時間ぬれている状態の場合は換気、循環扇、暖房などで除湿を行う。また、葉が繁茂していると湿度が高くなるだけでなく、薬剤もかかりにくいため、適度な葉かきを行うよう促している。

灰色かび病が多発すると防除が難しくなるため、発生を確認した場合は被害部位を除去し、系統の異なる薬剤のローテーション散布を心がける。薬剤散布は暖かい晴天日を選び、夕方までに薬液が乾く時間帯に実施するよう呼びかけている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る