Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

県内で初めてクマモトネグサレセンチュウを確認 広島県2021年3月9日

一覧へ

広島県西部農業技術指導所はキクに、これまで県内では未確認のクマモトネグサレセンチュウ(Pratylenchus kumamotoensis Mizukubo et al.)の発生を確認。3月4日に特殊報第4号を発表した。

キクの被害株の状態キクの被害株の状態

広島県江田島市内のキク(品種名:神馬、精興光玉、秀そのか、晃花の富士)を作付けた10aの施設ほ場で、10月上旬頃から生育途中の株の葉の萎れや退色、萎凋が散見され始め、ハウス内に急激に広がった。症状が進行した株は萎凋して枯死したが、周辺ほ場での被害発生は確認できなかった。

広島県立総合技術研究所農業技術センターが被害株のあった畝から土壌を採取し、ベルマン法で線虫類を分離したところ、生土20g当たり203.7頭のネグサレセンチュウ類が分離された。12月中旬に同施設から被害株と土壌を採取し根と茎、土壌からベルマン法で線虫類を分離した後、神戸植物防疫所に同定を依頼。その結果、分離した線虫類は同県未発生のクマモトネグサレセンチュウと判明した。

またこの本種は雌雄が出現し、両性生殖を行う。農研機構の調査では発育零点は11℃。形態的特徴として唇部に2又は3体環を持ち、受精嚢の輪郭は楕円又は長円形で後部子宮枝が長い。食道線葉が背方や側方から腸に重なる個体の出現が多いことから、他の種と区別されている。

国内では1992年に宮崎県、熊本県、沖縄県など九州各地で発生が確認され、山口県でもこの線虫による被害が報告されている。広島県内の他地域の園地では、被害の発生や報告が確認されていないことから、広島県西部農業技術指導所では今後の発生状況を注視するとともに、防除対策の徹底を促していく。

防除対策では、キクのネグサレセンチュウ類で登録のあるダゾメット粉粒剤(商品名:バスアミド微粒剤、ガスタード微粒剤など)の薬剤を利用し、苗定植前に土壌消毒を行う。使用した機械や装具はまん延防止のため、使用後の洗浄と消毒の実施を呼びかけている。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る