Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

米の需給 緩和見通し判断やや増-米穀機構調査2021年5月10日

一覧へ

米穀機構(米穀安定供給確保支援機構)は5月10日、米取引関係者の需給や米価などの見通し判断について4月の調査結果を発表した。

米の需給 緩和見通し判断やや増-米穀機構調査

国内の主食用米の需給動向に関する現状判断DIは前月から▲2の「17」となった。向こう3カ月の見通し判断DIは前月から▲1の「18」となった。

数値がゼロに近づけば需給が緩むとの見方が前月より強まったことを示すが、今月はほぼ横ばいながらも緩和の見通しが続いている。

米価水準についての現状判断DIは前月から▲3の「30」となった。向こう3か月間の見通し判断DIは同▲1の「28」となった。前月にくらべて米価水準が低くなるという判断がやや増えている。

主食用米の価格見通しについて前年同月との比較を業種別にみると、卸は▲3の「14」、小売は▲1の「34」、生産者は▲9の「39」、集出荷業者は▲2の「17」となっており、生産者段階で米価が下がっているとの判断が強い。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る