Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農作業事故防止へ JA軸に戦略を-日本農業労災学会が緊急声明2021年6月8日

一覧へ

日本農業労災学会(北田紀久雄会長)は6月3日の会員総会で農作業事故撲滅に向けた緊急声明を採択した。JAが主軸となった農作業事故防止への戦略的目標と工程表」の作成など、死亡事故が毎年300人前後発生する現状を「農業者の命の非常事態」として、5項目の緊急課題をまとめた。

トラクター

声明では高齢者の死亡事故が多いことから、事故防止のための農機具の開発と、既存農機具への安全装備の装着、危険箇所のチェックシートの作成、点検、労災保険加入の意義などをJAの組合員で共通認識とするような取り組みと、JAグループとして組織の各段階で死亡事故ゼロに向けた戦略目標と工程表を作成することを提起した。

そのほか▽都道府県域と各地域段階での農作業安全推進協議会の設置と機能発揮への財政支援、▽事故情報を一元化し解析・フィードバックする体制づくり、▽事故に対する補償充実と労災保険特別加入促進に資する労災保険制度の改正、▽農作業安全対策から労災補償までを体系的にカバーする法制度の整備と予算の拡充が課題だとした。

同学会は「生産基盤の弱体化が深刻化するなか、これ以上貴重な担い手を危険にさらすことは看過できない」と強調し、安全・安心な作業環境づくりは農業の持続のためのもっとも重要な対策であり「農政の最重要課題である」と訴えている。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る