Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム」設立 会員を募集 農水省2021年6月14日

一覧へ

農林水産省は6月11日、スマートフードチェーンを米の分野で構築し活用した民間主導でのJAS規格制定を進めるため、スマート・オコメ・チェーンコンソーシアムを設立し、会員の募集を始めた。

同省は、農産物規格・検査が農産物流通の現状や消費者ニーズの変化に対応するものになるよう、2020年9月に設置した「農産物検査規格・米穀の取引に係る検討会」などで検討を進め、5月にとりまとめを公表した。検討会では、生産から消費までの情報を連携し、生産や販売における付加価値の向上や、流通の最適化などにより農業者の所得を向上させる基盤(スマートフードチェーン)を米の分野で構築。これを活用した民間主導によるJAS規格制定を進めることや、そのためのコンソーシアムを設置することを決めた。

同コンソーシアムでは、(1) 国際標準化を視野に入れた海外調査、国際ワークショップの開催、現場実証などを通じたスマート・オコメ・チェーンの検討、(2)スマート・オコメ・チェーンを活用したJAS規格素案の策定とその現場実証、JAS規格原案の内容の検討などを通じた、民間主導によるJAS規格制定の申出の実現に向けた関係者の共通認識の醸成及び支援などの活動を実施する。コンソーシアムの参画対象は、生産者、流通事業者、実需者、関連企業、消費者団体、地方公共団体など。申請は、以下の特設サイトから登録する。

【スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム登録】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る