Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

高温予想で病害虫:斑点米カメムシ類増殖に注意 山形県2021年7月15日

一覧へ

各地の今後の天候予想をみると、今年の7~8月は高温になるというところが多い。そのため各地で病害虫の発生が平年より早まったり、いままで発生が見られなかった地域での発生が確認されているケースが見られている。なかでも、昨年西日本を中心に水稲に大きな被害をもたらしたウンカの発生が早まっているが、米の品質面で被害をおよぼす斑点米カメムシが早くも山形県で発生。山形県病害虫防除所は7月12日、斑点米カメムシ類の発生が平年に比べ多いことから、注意報第1号を発表し、注意を呼びかけている。今後、各地でも注意が必要だといえる。

アカヒゲホソミドリカスミカメ(写真提供:山形県病害虫防除所)アカヒゲホソミドリカスミカメ(写真提供:山形県病害虫防除所)

7月前半(7月5日~8日)に畦畔・農道で実施したすくい取り調査では、斑点米カメムシ類の発生確認地点率が79.5%(平年:75.9%)、平均すくい取り虫数は28.3頭(平年:17.1頭)と平年に比べ多い結果となった。

特にイネ科雑草が繁茂している場所では、100頭を超える斑点米カメムシ類がすくい取られたところもみられる。

向こう1か月の天候予測では、気温が高いと予報されており、斑点米カメムシ類の増殖や活動の活発化が推測される。

同防除所では、雑草対策など生息場所の密度を低減させる防除徹底を呼びかけている。

斑点米カメムシ類の畦畔・農道などの平均すくい取り虫数斑点米カメムシ類の畦畔・農道などの平均すくい取り虫数

〈防除方法〉
○出穂2週間前頃(7月中旬頃)までに畦畔、農道、休耕田などの除草対策を徹底し、生息場所での密度低減を図る。刈り取った草は放置せずに搬出する。
○休耕田などの雑草が繁茂している場所では、耕耘による除草対策も効果が高い。
○ アカスジカスミカメ、アカヒゲホソミドリカスミカメは移動性が高いことから、地域ぐるみで一斉に除草対策を行い、地域全体の密度低減を図る。
○出穂期前後の草刈りは、斑点米カメムシ類の水田侵入を促し、斑点米の発生を助長するため原則行わない。やむをえず草刈りを行う場合は、水田の薬剤防除計画に合わせて実施する。
○穂揃期および穂揃期7~10日後の2回の基本防除を徹底する。なお、ほ場の出穂状況をよく確認し、適期に防除する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る