おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農水省×特許庁 GIの認知拡大で「BUZZMAFF」コラボ動画を配信2021年12月13日

一覧へ

農林水産省は特許庁と連携し、「農業」の切り口から地理的表示(GI)保護制度など知的財産権について紹介するコラボ企画を開始。その一つとして12月10日、コラボ動画『特許庁の職員は「東京特許許可局」と噛まずに言えるのか? タガヤセキュウシュウ』を農林水産省公式YouTubeチャンネル「BUZZMAFF」で公開した。

農水省×特許庁 GIの認知拡大で「BUZZMAFF」コラボ動画を配信

地理的表示(GI)保護制度は、全国各地の風土や伝統が育んだ、特色ある食品・農林水産物などの名称を国が登録して、保護する制度。現在、国内では107産品、国外で3産品の計110産品が登録されている。

このGI保護制度や、品種登録制度など知的財産制度を所管する特許庁と農水省が組んだ同企画は、農林水産業を支える知財の紹介を通じて、幅広い層にGIと商標などを身近に感じてもらうため、「タガヤセキュウシュウ」の白石氏と野田氏が特許庁とともに、知的財産制度の紹介をしながら、特許庁の職員は早口言葉「東京特許許可局」が言えるのかを検証。動画の後半では特許庁の森清長官への突撃インタビューを敢行している。また、BUZZMAFF動画では、続編として、特許庁職員がBUZZMAFFの白石氏と野田氏に「知財愛」を「農業」というキーワードを通して伝える。

【特許庁ホームページ 特許庁×農林水産省(BUZZ MAFF)コラボ動画サイト】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る