2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

肉用牛 飼養頭数 前年比9000頭増 2月1日 農水省・畜産統計2022年7月14日

一覧へ

農林水産省が7月12日に公表した畜産統計(令和4年2月1日)によると肉用牛の飼養頭数は前年に比べ9000頭(0.3%)増加し、261万4000頭となった。

肉用牛 飼養頭数 前年比9000頭増 2月1日 農水省・畜産統計

飼養戸数は小規模層を中心に前年に比べ減少が続いており、4万400戸で前年に比べ1700戸(4.0%)減少した。

前年にくらべ「100~199頭」、「200~499頭」、「500頭以上」の階層では飼養戸数は増えたが、それ以外の階層では減少した。

飼養頭数は「500頭以上」の階層で4.2%増加したが、それ以外の階層では減少した。「500頭以上」の階層が全体の約4割を占める。1戸当たりの飼養頭数は昨年の61.9頭が64.7頭への増えた。

地域別の飼養頭数は九州が4割を占めている。

肉用種は181万2000頭で前年に比べ1万7000頭(0.9%)減少した。子取り用雌牛は63万6800頭で前年に比べ4000頭(0.6%)増加した。また、乳用種は80万2200頭で前年に比べ2万6400頭(3.4%)増加した。

繁殖雌牛を飼養している戸数は3万5500戸。肥育牛を飼養している戸数は6660戸となっている。(繁殖牛と肥育牛を重複して飼養している場合もある)。

肉用牛の飼養頭数は2017年から2年連続で増加し2021年には前年より5万頭増加し、増加傾向が続いている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る