2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

記録的大雨の被害 11県で8億円余に 農作物などさらに被害拡大へ2022年8月8日

一覧へ

東北や北陸への今月3日からの記録的な大雨による農林水産関係の被害は、8月8日午前7時15分現在、11県で約8億4000万円に上っていることが農水省のまとめで分かった。農作物に関しては500ha余りで田畑の冠水などの被害が出ているが、詳しい状況は現在調査中で、被害額はさらに拡大する見通し。

農水省のまとめによると、農作物については、青森、秋田、山形、新潟、福井の5県で、水稲や大豆、えだまめ、リンゴなどの田畑507haが水に浸かるなどの被害が報告された。被害額については、いずれも現在、調査中としている。

また、農地の損壊は山形、新潟、福井など10県で207か所に上り、被害額は9000万円、農業用施設等は9県で292か所に上り、被害額は1億5000円万となっている。

林野関係では、青森、山形、新潟など8県の林道施設78か所で計4億4000万円の被害が出ているほか、青森、秋田など5県で林地荒廃が8カ所で1億2000万円の被害が出ている。また、長野県の治山施設1か所で4000万円の被害が報告された。

水産関係では、青森県の2つの漁港で計1000万円の被害が出ているほか、新潟では水産物への被害があり、現在、被害額を調査している。

ため池やダム等に関しては、新潟県と山形県の防災重点ため池8カ所で被害が出たほか、農業集落排水施設で浸水によりポンプが停止したり(岩手県)、水槽に水が流入したりする(山形県)被害が各地で報告されている。

被害を受けて、農水省は東北農政局と北陸農政局に管内各県との連絡体制の強化を指示しているほか、各農政局と関東森林管理局は、これまでにのべ46人の職員を被災県に派遣して支援にあたっている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る