2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「野菜を食べようプロジェクト」ポスター募集 受賞作品を発表 農水省2022年8月10日

一覧へ

農林水産省は8月9日、「野菜を食べようプロジェクト」で募集したポスターについて、農産局長賞と入賞作品に決まった作品を発表した。

「野菜を食べようプロジェクト」ポスター公募で農産局長賞に決まった作品「野菜を食べようプロジェクト」ポスター公募で農産局長賞に決まった作品

農水省は、野菜出荷量が増え、野菜価格が低下した際の消費拡大対策として、2020年12月に立ち上げた「野菜を食べようプロジェクト」の一環で5月18日~7月18日まで、全国から「野菜を食べようプロジェクト」ポスターを募集。応募のあった139作品の中から、外部有識者による厳正な審査の結果、農産局長賞には、佐野紅葉さん(東京都)の作品が選ばれた。

佐野さんが考案したポスターは、絵手紙風でインパクトのある作品。審査員からは、「しっかりしたタッチで、わかりやすくアピール力があった。『昨日、野菜を食べましたか?』という問いかけで、野菜摂取のモチベーションアップの効果が期待できる」と評された。

農産局長賞を受賞した作品は「野菜を食べようプロジェクト」ポスターとして採用され、野菜の消費拡大の推進に活用。また、同作品は、野菜の消費拡大に取り組む企業・団体などで自由に使用できる。その他、9作品が入賞作品に決定。いずれも野菜の消費拡大に取り組む企業・団体等で自由に使用できる。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る