秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

鳥インフル 青森県横浜町の養鶏場で国内13例目を確認2022年11月21日

一覧へ

農林水産省は11月20日、青森県横浜町の養鶏場で、今シーズン国内13例目となる高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたと発表した。

農水省によると、鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたのは、青森県横浜町の肉用鶏の農場で、飼養羽数は約12万羽。

11月19日、同農場から鶏の死亡数が増加しているとの通報を受けて簡易検査を行ったところ、13羽のうち4羽が陽性となり、20日、改めて遺伝子検査を行った結果、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜と確認された。青森県は、この結果を受けて、発生農場での殺処分や周辺農場の防疫措置を進めている。

青森県によると、農場から半径3㎞以内の移動制限区域内には5農場あり約70万羽が飼養されている。また、3㎞~10㎞以内の搬出制限区域内には4農場があり、約37万羽が飼養されているという。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る