人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

耕畜連携を強化 資源循環型農業を促進 沖縄県 みどり戦略基本計画2023年4月11日

一覧へ

沖縄県は3月20日にみどり戦略基本計画を公表した。基幹作目の畜産と耕種の連携強化を基軸とした資源循環型農業を促進し環境負荷低減を図る。

耕畜連携を強化 資源循環型農業を促進 沖縄県 みどり戦略基本計画

計画は県と全41市町村で作成した。2022年度から31年までの10年計画とした。

沖縄県は亜熱帯に位置し、亜熱帯性気候由来の病害虫や雑草が多発し、また、土壌は有機物が分解しやすいなどの特性をふまえ、基本計画では他県よりも化学肥料や農薬の低減が厳しい環境にあることに留意する必要があると指摘。

天敵を活用した防除天敵を活用した防除

そのうえで基幹作目の畜産と耕種の連携強化を軸に資源循環型農業の促進を柱とした。また、局所施肥や総合防除、気候変動に対応した品種の開発などにも取り組む。

計画のおもな目標では2020年に1827件の環境保全型農業の実践数を24年度に2127、31年度に2652まで増やす。

総合的病害虫防除技術の実践者を2020年度の162戸から31年度には217戸に増やす。

取り組みのポイントは、家畜排せつ物だけでなく砂糖生産からの副産物、水産物の加工残さなどを活用したたい肥化。広域連携型の資源循環システムを強化する。

また、国内外の市場で「おきなわブランド」の形成を推進するため、環境負荷低減事業活動で作られた農林水産物の加工施設整備支援や、テストマーケティングなどの販路開拓にも取り組む。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る