左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

猛暑で農作業中の熱中症搬送が増加 1週間で30%増の178人 十分な予防対策を2023年8月24日

一覧へ

各地で猛暑が続く中、8月14日~20日の1週間、農作業中などに熱中症で搬送された人は全国で178人に上り、前週を30%以上上回ったことが農水省のまとめで分かった。引き続き各地で厳しい暑さが続いており、農水省は十分予防対策を取るよう呼びかけている。

猛暑で農作業中の熱中症搬送が増加 1週間で30%増の178人 十分な予防対策を

農水省は消防庁の速報値をもとに毎週、農・畜・水産の作業中に熱中症で緊急搬送された人数を独自にまとめ、公表している。

8月23日に公表された8月14日~8月20日のまとめによると、期間中、農作業中などに全国で搬送された人は178人に上り、前週(8月7日~13日)から48人、率にして30%以上増えていることが分かった。

都道府県別で最も多かったのは茨城県で、前週から10人増えて16人、次いで千葉県は前週の0人から10人となった。新潟県が1人増えて9人だった。

気象庁の週間予報によると、今後も東京や名古屋、大阪など各地で猛暑日となる日がある見通しで、農水省は農作業中の熱中症への予防対策を呼びかけている。予防のポイントとして、①高温時の作業をできるだけ避けて風通しのいい場所で作業する②小まめな休憩や水分補給をする③できるだけ単独作業を避ける④帽子や速乾性の衣服を着用することなどをなどを挙げている。

また、熱中症が疑われる症状を感じたときは、直ちに作業を中断して涼しい環境へ避難して水分・塩分を補給することや、症状が改善しない場合は速やかに医療機関で診療を受けるよう呼びかけている。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る