左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

野菜、鶏卵等の価格の高騰で農産物12.8%上昇、生産資材は下げ基調に 10月の農業物価指数 農水省公表2023年12月4日

一覧へ

農水省が公表した今年10月の農業物価指数によると、令和2年を100とした指数は、農産物価格は119.6となり、主に野菜、鶏卵等の価格の高騰で前年同月比12.8%上昇と大きく跳ね上がった。

野菜、鶏卵等の価格の高騰で農産物12.8%上昇、生産資材は下げ基調に 10月の農業物価指数

農産物価格指数は119.6で前年同月より12.8%上昇、前月からは5.8%上がった。大きく跳ね上がった要因は野菜、鶏卵等の価格の高騰があげられる。野菜は夏場の天候不良の影響もあり156.1となり、前年同月比で33.6%上昇し、前月より18.4%上がった。

また、鶏卵は170.0となり、鳥インフルエンザ流行の影響で高止まり傾向が続き、前年同月比で18.5%上昇したが前月より2.0%下がった。米は94.2で前年同月より11.1%上昇し、前月からは2.8%上がった。果実は103.7で前年同月より9.0%上昇、前月から6.1%上がった。

一方、生産資材価格指数は119.8となり、農業薬剤等が上昇したものの、飼料、畜産用動物等が低下したことにより前年同月比で0.2%低下、前月よりは0.9%低下した。

畜産用動物は81.8で前年同月より8.2%減少、前月比では1.2%下がった。農業薬剤は113.5で前年同月より10.1%上昇し、前月からは変わらず。農機具は106.1で前年同月より4.3%上昇、前月から0.1%上がった。飼料は142.5で前年同月より4.3%減少、前月からは1.8%下がった。

肥料のうち高度化成は145.7で前年同月より8.6%減少、前月より0.5%下がった。尿素は174.5で前年同月より14.2%低下、前月より1.6%下がった。塩化カリウムは166.9で前年同月より1.5%低下、前月から変わらず。いずれもこれまでの高止まり傾向から下げ基調になっている。

飼料については、配合飼料が142.2で前年同月より5.1%減少、前月より1.9%下がった。トウモロコシは152.5で前年同月より12.3%減少、前月から1.0%上がった。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る