人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

「FOODEX JAPAN 2024」日本産水産物に関するネットワーキングレセプション開催 農水省2024年2月29日

一覧へ

農林水産省は3月5日、アジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2024」において、日本産水産物に関するネットワーキングレセプションを開催。来場した海外バイヤー等と国内の水産関係事業者のビジネスマッチングの機会を創出し、北海道および北陸産をはじめとした日本産水産物の魅力を発信する。

同イベントでは、日本産水産物の新規販路開拓につなげ、国内事業者の実際の商品の展示、各出展企業紹介パネルの設置を通じ、海外バイヤー等へ訴求する。また、著名料理人による日本産水産物の調理実演とトークセッションを実施。カナダ、フランス、中国等で公邸料理人として10年間にわたり世界各国の賓客に和食を提供してきた工藤英良シェフを招き、日本産水産物の特徴、調理方法及び美味しい食べ方など調理実演を交えながら伝える。さらに、能登半島で活躍する漁師や仲卸と工藤シェフとのトークセッションを実施。日本の豊かな水産資源や漁業、日本産水産物の質の高さについて海外バイヤーに向けて語られる。

このほか、日本産水産物を活用した試食を提供。使用する食材は、輸出重点品目であるホタテ(北海道産を予定)、ブリ及びタイ(いずれも北陸産を予定)のほか、参加する国内事業者の出展が多いアナゴ、海苔、蒲鉾等を予定している。さらに、水産物と相性の良い日本産酒類(日本酒、日本ワイン)を提供。JFOODO(日本食品海外プロモーションセンター)が作成した魚介類と日本酒の相性の良さを伝える動画も放映し、日本産酒類と水産物の双方の需要喚起を図る。海外バイヤーは、アジア、中東、北米、欧州等、幅広い国・地域から参加予定。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る