人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

「SAVOR JAPAN」農泊 食文化海外発信地域を募集 農水省2024年6月4日

一覧へ

農林水産省は、地域の郷土料理やそれを支える農林水産業、伝統文化などの魅力で、訪日外国人を誘客する農泊地域などを「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」として認定し、各地域の魅力を海外へ一体的に発信。令和6年度に新たに「SAVOR JAPAN」として認定する地域の取組を7月31日まで募集している。

農水省は、特に食と食文化の魅力を伝えることでインバウンド誘致に取り組む農泊地域などを農林水産大臣が「農泊 食文化海外発信地域(SAVOR JAPAN)」として認定。地域の食・食文化の魅力を「SAVOR JAPAN」ブランドとして海外へ一体的かつ強力にPRし、インバウンド需要を農山漁村に呼び込むことを目指している。これまでにSAVOR JAPAN認定地域は、全国で41か所。

観光庁の「訪日外国人消費動向調査」では、「訪日外国人が訪日前に期待していたこと」の第1位が「日本食を食べること」だった。昨年12月には、「和食」のユネスコ無形文化遺産登録から10周年の節目を迎え、2025年には「大阪・関西万博」、2027年には「横浜花博」を控えるなか、地域の食・食文化の魅力とそれを生み出す農林水産業を核として訪日外国人の誘致を図る農山漁村地域の優れた取組を募集する。

◎募集概要
募集期間:6月3日~7月31日

<応募団体・資格及び応募方法>
(1)応募団体「農泊 食文化海外発信地域」実施要綱第3の8に定める実行組織が、単体で応募するもの。
(2)応募資格「農泊 食文化海外発信地域」実施要綱第3に定める全ての要件を満たす取組を対象。
(3)応募方法「農泊 食文化海外発信地域」応募要領及び農林水産省ホームページ内「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」の応募について」を確認の上、取組計画書等必要な書類を提出。

<認定について>
(1)選定方法
・申請のあった取組の中から特に優れた取組を「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」として認定。
・選定過程において、現地調査又はヒアリングを行う場合がある。

(2)認定結果の公表及び認定証の交付
・認定結果については、12月頃に農林水産省のホームページで公表。また、後日、東京都内で開催する認定証授与式において、認定証を交付。

(3)SAVOR JAPAN認定地域への支援
・SAVOR JAPANがオールジャパンのブランドであることを広く普及していくために、農林水産省のホームページやSAVORJAPANのブランドサイトにおいて、一元的な情報発信を行い、海外及び訪日外国人に対する訴求力を高める。
・専門家を派遣し、食体験の掘り起こしと、その磨き上げを支援。
・旅行関係者の参加する商談会参加を支援。
・研修会等を開催し、知識の習得、事例の共有、認定地域間のネットワーク化を支援。
・政府関係機関による支援策等をタイムリーに発信。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る