人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

家畜衛生ポスターデザインコンテスト「アフリカ豚熱感染防止」テーマに募集 農水省2024年7月4日

一覧へ

農林水産省は「家畜衛生ポスターデザインコンテスト」を開催。家畜の病気やその対策への理解を深めてもらうため、令和6年度は「アフリカ豚熱感染防止」をテーマに7月16日~9月30日の期間、作品を募集する。

家畜衛生ポスターデザインコンテスト「アフリカ豚熱感染防止」テーマに募集 農水省

現在、日本を含む世界中で、高病原性鳥インフルエンザや豚熱などの家畜に深刻な被害を及ぼす伝染病の発生・まん延が大きな問題となっており、家畜にこうした病気が広がると、畜産業に大きな被害を与え、肉や卵を含む食品の安定供給に深刻な被害を及ぼす可能性がある。

農家をはじめ畜産関係者は、家畜の病気が農場に入らないように、日頃から対策しているが、病原体は衣類や靴、食品などを介して、家畜が直接感染したり、野鳥やイノシシなどの野生動物を経由して感染したりする場合がある。

家畜の伝染病対策は、農場だけでなく、日本に滞在または居住する人全員で心がける必要がある。

アフリカ豚熱(アフリカぶたねつ)は、豚やイノシシが感染する、感染率と死亡率が高い病気。日本では発生していないが、日本の豚農場で発生すれば、多くの豚が死亡し、おいしい日本産豚肉の生産が難しくなる。特に、イノシシがアフリカ豚熱に感染すると、豚への感染源となるため、対策が重要。イノシシは山にも多数生息しており、畜産関係者だけでなく、日本に滞在又は居住する人全員で対策を行う必要がある。

特に、国内外からの観光客や山林に立ち入る人に向けて、アフリカ豚熱感染防止への協力意識が高まるデザインのポスターデザインを募集する。

◎アフリカ豚熱感染防止における重要な対策

1. イノシシを誘引しないよう野山では残飯は持ち帰りましょう。
2. ウイルスは土にも含まれる。靴の泥は下山の前に落としましょう。
3. 家畜がいる施設に近づかないようにしましょう。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る