左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:TPP阻止へ! 現場から怒りの声

家族農業を守る政策を【茨城県常総市・稲作農家 風見誠さん】2016年11月7日

一覧へ

【茨城県常総市・稲作農家 風見誠さん】
茨城県常総市・稲作農家 風見誠さん 強行採決にはあきれてものが言えないが、数が数だからやるだろうなと。最初から強行採決の話しをしているわけだから。 TPPでは農業がだめになるし、医療や食の安全などにも問題が起き日本という国のかたちが変わるのではないかという問題もあるということを広めていかなければいけない。そのことに嘘をついてまで進めていく議員はこれから落としていかないと。そうしなければ将来に禍根を残すことになるし、子どもたち孫たちにどういう健康被害が出るのか、それで本当にいいのかという思いがあります。農家も1人1人がしっかり考えて誰を政治家に選ぶかを考えなければならないと思います。 米政策については所得補償、価格保障政策がいちばんだと思います。そうすれば小さい農家も含めた家族農業を守れることができる。家族農業を守らなければ。日本の農業を大規模農家だけに任せて発展するとは思いません。輸出だけすればといいというかたちでは日本の国で食べる米はだれが作るのかということになる。環境に優しく循環型の農業に力を入れていってもらいたい。それが子や孫の健康につながることだと思う。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る