農政 特集詳細

特集:自給率38% どうするのか?この国のかたち -食料安全保障と農業協同組合の役割

2018.10.15 
【歌手・加藤登紀子さんインタビュー】農的幸福 今こそ国民で実現を(1)一覧へ

 歌手の加藤登紀子さんは夫の故藤本敏夫さんが農業を志した歩みをもともにした。現在の日本の農業、食料への危機感も強いが、人々が農的生活を志す転換点だと熱い思いも語る。聞き手:大金義昭氏(文芸アナリスト)

歌う覚悟 50年の節目

 

歌手・加藤登紀子氏 大金 加藤さんは、日本を代表するシンガー・ソングライターの一人として華やかな活動を繰り広げています。また、亡くなられた夫の藤本敏夫さんが志した農業への熱い思いも共有してこられました。藤本さんは学生運動の闘士として実刑判決を受け、出所後には「大地を守る会」などを立ち上げ、有機農業を普及・促進していますね。1981年には千葉県で農事組合法人「鴨川自然王国」を設立するなどの実践もされています。
 今、日本の農業は大変に厳しい状態に陥っています。加藤さんの言葉で、農業を担っている多様な人たちや農協の皆さんに元気になっていただくメッセージをいただけたらと思います。まずは、加藤さんのこれまでの歩みをお聞かせいただけますか。

 

 加藤 ちょうど50年前、1968年が私の歌手としてのスタートだと思っています。その前に若葉マーク時代があったんですが、その年に藤本敏夫と出会い、加藤登紀子としての人生を生きるために歌うんだという覚悟ができた。そのころは、歌手であることにも迷いがあって69年に「ひとり寝の子守唄」を作ったときが迷いの到達点で、これでだめだったら歌手をやめるということだったんですが、ヒットして結局、出発点になりました。

 

 大金 シャンソンから音楽の世界に飛び込んだと聞いていますが、やはり、お好きなエディット・ピアフとの出会いが決定的だったのですか。

 

 加藤 若いときにピアフが好きだったかどうか分かりません。ただ、音楽として好きというよりは、彼女の死に際ですね。亡くなり方。ぼろぼろだったにも関わらず何度もステージに立ち、何度倒れても歌うということが報道されました。19歳だった私は、ものすごく衝撃を受けた。それからとにかく興味を持って聞きはじめたわけです。
 ちょうどそのとき、父が私に知らせずにシャンソンコンクールに申し込んだ。ピアフにハマっていたから受けて立とう、「ピアフを歌うわ」となって出場しました。そうしたら審査員の一人に呼ばれて「赤ん坊みたいな顔をしてピアフを歌っても、男心は動きませんよ」とそっと言われたものです。頭に来ましたけど、今は感謝しています。この世界について、いろいろなことを学びましたから。

 

 大金 歌う覚悟もピアフから、ですか。

 

 加藤 そうですね。それでも初めて「愛の讃歌」をレコーディングしたのは2006年です。藤本が他界したのは2002年ですが、それから2年ぐらいは、やはりしんどかったんです。歌うことを自分の実人生とすごくシンクロさせてきたから、彼が亡くなったことにどう向き合っていけばいいのか、と。でも、いつまでも逃げているわけにはいかない、これからは彼が残してくれたものを受け止めて前に行こうという気持で40周年を迎え、シャンソンからスタートした私を表現するためにピアフを歌おうということになりました。
 ただ、「愛の讃歌」には「もしもあなたが死んで、私を捨てたときも」という歌詞があり、この部分が自分に響きすぎて歌えない。どうしたものかと思っていたんです。ところが、ああ、この感じか、と思った瞬間がありました。実はピアフも、恋人が死んだ後にこれを歌っていたわけです。だから、あなたは死んでしまったけれど私は生きている、これをつないでくれるのが「愛の讃歌」だったんだと、それで猛烈に入魂してしまったんです。

 

(2)「望郷」から土に根ざすへ 歌手・加藤登紀子氏

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ