第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

大石あきこ れいわ新選組 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

大石あきこ 衆議院議員大石あきこ 衆議院議員

〇大石あきこ
〇れいわ新選組
〇衆議院議員
〇選挙区:近畿比例
〇出身地:大阪府

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

これまでの政府のコロナ対策は失敗だったといえる。原因は、この国の本当の財産が何かをわかっていないからだ。この国の本当の財産は、日々、必要な物やサービスを生産・提供してくれている現場で働く方々だ。第一次産業や、介護・保育・医療といったエッセンシャルな仕事に対して、この国は25年以上にわたりリストラ、切り捨てをしてしまった。そしてコロナ禍においてすら、「エッセンシャルワーカーに感謝」と口で言うだけで、医療・保健所・検査体制の拡充もせず、生活者・生産者へのまともな金銭補償もせず、現場を苦しめている。それによって、医療・介護崩壊、休みたくても休めない状況、経済不況が続いている。逆に言うと、ここを変えれば、もともとある供給能力や技術力を活かして、コロナ対策は必ずうまくいくと考える。ワクチンについては、接種しても感染している例もあり、ワクチン一辺倒には懸念を覚える。副反応・副反応疑いに関する情報の透明性の確保、積極的かつ十分な救済が必要である。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

オミクロン株は重症率が低いとされているものの、感染力が非常に高いため、とりわけ都市部において、重症者数は日に日に増え、すでに保健所と医療は崩壊している。この状況において、まずは、現場が求めていることを国の責任で速やかに実現していくことが必要だ。例えば、濃厚接触者の自宅待機について、「期間の短縮」ばかりが議論されているが、肝心の自宅待機への金銭補償は全くない。さらに、介護や保育の労働者が、自宅待機を解除するための検査費用は自費となっている。このようなあり得ない状況を今すぐ改善すべきだ。
それに加えて、徹底補償による人流の抑制が必要である。れいわ新選組は、従来から、「徹底補償つきステイホーム」として、3ヶ月間、1人月20万円を給付し、消費税や社会保険料をゼロにすることをうったえている。また、国費での医療・検査拡充も当然である。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

コロナ禍で、この国の為政者は、生活者を守るつもりはないことが明らかになった。こうした政権には期待はできず、早々に退場していただきたい。また、国のみならず地方自治体において、大阪のようにテレビパフォーマンスは上手いがコロナ対策はワースト1というあり方は直ちに是正されるべきだ。一方で、それぞれの現場で、知恵を結集して、創意工夫をこらしている事例もある。こうした現場の努力と知恵を結集させ、責任積極的支出を伴った国が融合して、コロナ禍を乗り越えたい。コロナ克服の経験は、誰もが安心して暮らせる国づくりにいかせるはずである。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る