秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

古川なおき 自由民主党 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年2月4日

一覧へ

古川なおき1.jpg古川なおき 衆議院議員

〇古川なおき
〇自由民主党
〇衆議院議員
〇選挙区:神奈川6区
〇出身地:横浜市

1.これまでの政府のコロナ対策についての評価

自国でワクチンを開発することが出来なかったという大きな問題を抱えながらも、菅前総理のリーダーシップのおかげでワクチンを確保し、昨年は1日100万回以上の接種を実施することができました。3回目の接種では岸田内閣も仕事にスピード感を持っていただきたいと思います。
その一方で、大都市圏を中心に医療にアクセスしにくい状況が発生したことは事実であり、自宅療養中であっても必要な治療が受けられるよう、在宅医療サービスを拡充していくべきです。
また、自粛要請に対する補償は、本当に困っている人に素早く届けられるかという課題が残っていると思います。国民からの申請を待つのではなく、こちらから積極的に支援する体制が求められると思います。

2.オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか

3回目のワクチン接種と飲み薬の普及を速やかに実行しつつ、大事なことは他の心筋梗塞や脳梗塞など緊急に治療しなければ命に関わる患者さんに影響が出ないように、通常の緊急医療の病床を確保しておくことだと思います。陽性でも無症状や軽症の方は病院に行かず、ご自宅で療養することも推奨すべきだと思います。
今回のオミクロン株はデルタ株と比べて感染力は強いが弱毒性で重症化しにくいと言われています。正しく恐れ、経済への影響を最小限にするように取り組まなければなりません。

3.コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと

ワクチンや薬の国内開発がなかなか進まなかったことは、我が国の科学技術力の相対的な低下を象徴しており、大胆な科学技術への投資を着実に実行していただきたいと思います。
また、デジタル化が進んでいないことも浮き彫りとなりました。オンライン診療やテレワークの促進、経済的な打撃をうけた方々への支援を素早く的確に行うために、マイナンバーと預貯金口座を紐づけることのメリットを丁寧に説明し、これを推進すべきと思います。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る