2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

新たな水稲用除草剤「サキガケ楽粒」の効果は? 散布した生産者に聞く 北興化学工業2022年8月29日

一覧へ

北興化学工業株式会社が今シーズンから販売を開始した水稲用除草剤「サキガケ楽粒」の省力性や拡散性、除草効果について、実際に散布した新潟県三条市の「農事組合法人亜倶璃さんじょう」の野﨑代表理事に聞いた。

野﨑代表理事 ・農事組合法人亜倶璃さんじょう

「農事組合法人亜倶璃さんじょう」は、水稲81haを栽培する大規模生産組織で、野﨑さんはその代表理事を務める。

サキガケ楽粒の展示ほは半信半疑から始まった。30aのほ場2筆を使用して、サキガケ楽粒と従来から使用しているジャンボ剤と比較することとした。サキガケ楽粒はほ場の風上の短い畦畔から一辺処理で実証し、ジャンボ剤は従来の使用方法通りにほ場周縁部を歩きながら、パックの投げ込みを行った。

省力性として、散布時間を比較した。サキガケ楽粒は90秒程度で完了したが、ジャンボ剤は5分程度の散布時間を要した。さらにサキガケ楽粒の散布はジャンボ剤よりも簡便で作業効率に繋がることが分かった。効果は、サキガケ楽粒と従来のジャンボ剤で両ほ場とも雑草の発生はなく十分な除草効果を示す結果となった。

拡散の様子(サキガケ楽粒)

十分な除草効果が確認されたことから、サキガケ楽粒が一辺処理でほ場全体に拡散することが示された。また、散布当日に北興化学工業がドローンを使って、ほ場を撮影した動画で拡散性の確認をした。野﨑さんは、目で見た拡散性と体験した作業性について「すごいなと思った。事前に楽粒プロモーションビデオで拡散性の様子を見て、理解しているつもりだったが、実際、改めて動画を見ると拡散性のすごさを実感した」「作業性については字のごとく"楽"。ジャンボ剤の処理ではほ場の周縁部を歩かないといけないが、短辺の一辺処理だけでよいということが非常に省力的だ」と強い印象とインパクトがあったとコメントした。

野﨑代表理事野﨑代表理事

サキガケ楽粒の散布67日後の除草効果については、「一辺処理でしっかり効くかどうかは半信半疑だったが、とても効果はよかった。様々な除草剤を使用してきたが、それらと比較してもまったく遜色がない」と感想を話し、最後に「非常に省力的で、作業性の面から経営に貢献できる。来年度の使用について前向きに検討したい。さらに除草剤だけでなく、本田の殺虫殺菌剤にも楽粒化を期待している」と楽粒の更なる進化への期待を寄せた。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る