農薬 ニュース詳細

2013.02.14 
相次ぐ新剤投入で業績回復めざす SDS一覧へ

 エス・ディー・エス バイオテック(SDS)は2月13日、決算説明会を開き、今後の見通しなどについて紹介した。

 24年12月期の業績は減収増益だった(2月1日付既報)。
 売上高が落ちた要因は、主力商品の殺菌剤「ダコニール」が、海外でジェネリック品との競争が激化したこと。特に欧米での売上が前年比45%減と大きく落ち込んだが、これはダコニールの主要取引先であるシンジェンタ社との取引量が半減したため。
 このほか、北米、インド、ロシアの干ばつやフィリピンの台風被害など、相次ぐ天候不順を受けてダコニールの販売が不調だったが、一方、水稲除草剤「ベンゾジシクロン」は好調を維持し、ダコニールなどの販売不振をカバーした。
 次期はベンゾビシクロンの海外展開などを推進し、増収を見込んでいるが、安田誠代表取締役社長はこの日の説明会で「新剤の投入を加速し、ここ2、3年の低調から脱却したい」と述べた。
 新剤の投入では、25年に非農耕地向け除草剤「オレンジパワー」、木材保存剤を新たに上市する予定だが、さらに26年はゴルフ場向け除草剤「メチオゾリン」、同「アミカルバゾン」、非農耕地向け除草剤「カルブチレート」と「MCPP」混合剤、微生物殺菌剤「バチルス アミロリクエファシエンス」などの上市が予定されており、これら新剤の成果を「最短期間で業績に反映させたい」としている。
 国内では水稲除草剤を軸に販売の回復をめざす考えだが、「ベンゾビシクロンは今がピーク」との見通しから、「26年には新たな水稲除草剤混合剤の開発成果が表れるだろう」としている。
 海外では、1月30日に株式の取得を終え子会社化したインドのラムサイズ社との連携を強化し、SDSがこれまでカバーできていなかったアフリカ、南米などにも販売を拡大していきたい考えだ。


(関連記事)
ジェネリック品との競争激化で減収  SDS (2013.02.07)

【農薬登録情報】 2月1日付 日産・メタゾスルフロン、大塚・フルチアニルが登録取得 (2013.02.05)

インドの農業資材メーカーを子会社化 SDS (2012.12.11)

水稲用除草剤「ベンゾビシクロン」の海外展開強化  SDS (2012.08.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ