農薬 ニュース詳細

2013.05.09 
農業科学品、新製品好調で増収 ダウ・ケミカル一覧へ

 ダウ・ケミカル(本社、米国・ミシガン州)は4月26日、2013年第1四半期の業績を発表した。

 売上高は前年同期に比べて2%減の144億ドルだったが、特別計上項目を除いた純利益は同15%増の8億2000万ドルだった。調整後の1株あたり利益は0.69ドルで同0.08ドル増えた。
 減収となったのは原料およびエネルギー事業部の影響。一方、農業科学部門は新製品の売上などが好調だったことから、同14%増の20億ドルだった。
 同社は事業の選択と、コア事業への資源の集中を進めており、3月には18カ月以内に総額15億ドルの事業売却を行うことを発表した。アンドリュー・リバリス会長兼CEOは今後の見通しについて、「事業売却の機会や戦略的対策を見極めるため、厳格なポートフォリオの見極めを継続する」とコメントしている。


(関連記事)

ソチ冬季五輪公式カーボン・パートナーに ダウ(2013.03.26)

【人事速報】 ダウ・ケミカル日本グループ (3月31日付)(2013.03.08)

農業科学部門、売上高・利益とも過去最高 ダウ・ケミカル(2013.02.06)

1株あたり32セントの配当 ダウ・ケミカル (2012.12.18)

信越化学工業、デュポン、ダウ、モンサントなどが受賞 世界の革新的企業トップ100 (2012.12.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ