農薬 ニュース詳細

2013.09.24 
2020東京五輪を祝福 ダウ一覧へ

 オリンピックのワールドワイド・パートナーであるダウ・ケミカル(本社、米国・ミシガン州)は、2020年の夏季五輪の開催地が東京に決まったことをうけ、東京への祝福のメッセージを発信した。

 同社のオリンピック担当副社長ジョージ・ハミルトン氏は、「(ダウ・ケミカルは)日本でもっとも歴史の長い事業経験がある外資企業の一つであり、東京五輪が素晴らしく、より持続可能な競技大会として成功を収めるよう、科学を基にしたソリューションを提供していく」とコメント。
 ダウ・ケミカル日本のピーター・ジェニングス社長は「東京都が開催地に決まり大変喜ばしい。世界の人々が日本のチームワーク、献身、日本らしい精神性を目の当たりにすることを誇りに感じる」として、東京での五輪開催を支援していく考えだ。
 同社は2010年にオリンピックの公式「化学会社」に決定。それ以降の五輪(夏冬とも)にワールドワイド・パートナーとして参加することが決まっている。


(関連記事)

アジア太平洋地域の社長交代 ダウ(2013.08.19)

農業科学部門の売上高、過去最高 ダウ(2013.07.31)

長崎の文化財保護にダウの防除システム採用(2013.07.23)

Meijiとダウ、新規殺菌剤を共同開発(2013.07.10)

ソチ冬季五輪公式カーボン・パートナーに ダウ(2013.03.26)

五輪のワールドワイドパートナーに  ダウ・ケミカル(2010.07.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ