左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業科学部門の売上高、過去最高 ダウ2013年7月31日

一覧へ

 ダウ・ケミカル(本社、米国・ミシガン州)は2013年第2四半期の業績を発表した。農業科学部門が上半期では過去最高の売上高を達成した。

 第2四半期の売上高は146億ドルで前年同期並みだった。このうち、農業科学部門は前年同期に比べて10%増の40億ドルと、上半期では過去最高を記録した。販売数量は2%増でほとんどの地域でのび、特に中南米が12%増と大きく増えた。一方、販売価格は為替下落などを要因に2%下落した。
 特別計上項目を除いた純利益は7億7000万ドルで同19%増。調整後の1株あたり利益は0.64ドルで同0.09ドル増だった。
 同社のアンドリュー・リバリス会長兼CEOは今後の見通しについて「下半期も対前年比で利益を改善できる」という。また、すでに15億ドル相当の事業の撤退を発表し「今後12カ月でさらなるポートフォリオの見直しを継続する」としているが、農業分野については「成長に向けた投資を継続する」とコメントしている。


(関連記事)

長崎の文化財保護にダウの防除システム採用(2013.07.23)

Meijiとダウ、新規殺菌剤を共同開発(2013.07.10)

ソチ冬季五輪公式カーボン・パートナーに ダウ(2013.03.26)

農業科学部門、売上高・利益とも過去最高 ダウ・ケミカル(2013.02.06)

がん患者への支援活動で表彰 ダウ・ケミカル(2012.11.22)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る