農薬 ニュース詳細

2013.07.10 
Meijiとダウ、新規殺菌剤を共同開発一覧へ

 Meiji Seika ファルマ(以下、Meiji)とダウ・アグロサイエンス(以下、ダウ)は7月8日付で、新規農業用殺菌剤の共同開発と商業化契約を結んだと発表した。

 新剤は小麦の病害などに高い効果を示す新たな化合物で、小麦の病原菌に対する作用メカニズムが新しいため、既存の殺菌剤とは交差耐性を示さない。小麦以外にも、野菜、果樹、観葉植物などにも適用できるという。
 この新剤について、Meijiは日本、韓国とアジアの一部で、ダウはそれ以外の全世界で独占的な開発・商業化権を持つことになる。
 ダウは2014年に欧州で農薬登録を申請し19年の上市を、Meijiは日本国内で15年の農薬登録申請をめざし、開発をすすめていく考えだ。


(関連記事)

農業科学品、新製品好調で増収 ダウ・ケミカル(2013.05.09)

・ソチ冬季五輪公式カーボン・パートナーに ダウ(2013.03.26)

【誕生物語第3回 「オリゼメート」 (Meiji Seika ファルマ株式会社)】(2012.12.13)

信越化学工業、デュポン、ダウ、モンサントなどが受賞 世界の革新的企業トップ100 (2012.12.12)

非選択性茎葉処理除草剤「ザクサ液剤」が登場  Meiji・北興化学(2011.04.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ