農薬 ニュース詳細

2013.08.19 
アジア太平洋地域の社長交代 ダウ一覧へ

 ダウ・ケミカル(本社、米国・ミシガン州)は7月末、アジア太平洋地域の社長人事を発表した。

ピーター・サイクス氏 現アジア太平洋地域社長のパット・ドーソン氏は、本社エポキシ事業部およびコーポレートプロジェクト開発の上級副社長に就任。同社長には新たに、ダウ大中華圏社長のピーター・サイクス氏が就任。ピーター・サイクス氏の後任には、プラスチック事業部アジア太平洋営業部副社長のピーター・ウォング氏が就任する。
 ダウでは、アジア太平洋地域を主要な成長地域と位置づけており、2008年から同地域の製造拠点数、従業員数を倍増。同地域での売り上げは全体の18%を占めている。
ピーター・ウォング氏 ダウのアンドリュー・リバリス会長兼CEOは、「アジア太平洋地域では、高付加価値の、技術革新に基づく、持続可能な解決策を現地のニーズに合わせて提供したい。新しい人事体制が、この成長戦略を引き続き強力に推し進めると確信している」とコメントしている。
 この人事は1〜2カ月間に完了する予定。

(写真)
(上から)ピーター・サイクス氏、ピーター・ウォング氏


(関連記事)

農業科学部門の売上高、過去最高 ダウ(2013.07.31)

長崎の文化財保護にダウの防除システム採用(2013.07.23)

Meijiとダウ、新規殺菌剤を共同開発(2013.07.10)

ソチ冬季五輪公式カーボン・パートナーに ダウ(2013.03.26)

農業科学部門、売上高・利益とも過去最高 ダウ・ケミカル(2013.02.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ