農薬 ニュース詳細

2013.12.06 
ダウ、50億ドル相当の事業分離一覧へ

 ダウ・ケミカル(本社、米国・ミシガン州)は塩素誘導品事業の分離計画を発表した。

 同社は付加価値が高く、安定的なリターンが期待できる製品・技術に注力するため事業の整理をすすめている。今回の事業分離もその一環。
 同社の塩素誘導品事業(エポキシ、塩素系溶剤、カ性ソーダなど)の年間売上は50億ドルほど。事業分離は12カ月から24カ月の間に行われ、売却益は株主還元や成長分野への投資などに活用される。


(関連記事)

売上高137億ドル ダウ・ケミカル第3四半期(2013.10.29)

2020東京五輪を祝福 ダウ(2013.09.24)

アジア太平洋地域の社長交代 ダウ(2013.08.19)

農業科学部門の売上高、過去最高 ダウ(2013.07.31)

長崎の文化財保護にダウの防除システム採用(2013.07.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ