農薬 ニュース詳細

2014.01.17 
水稲用除草剤の販売回復めざす 北興化学一覧へ

 北興化学工業は1月14日、平成25年11月期の決算短信を発表した。水稲除草剤の販売不振などを要因に減収となった。

 同期の売上高は、前年度に比べて10億8600万円(2.7%)減の387億9500万円、営業利益は同1億7900万円(25.3%)減の5億2800万円、経常利益は同9700万円(13.7%)増の8億100万円、当期純利益は同3億4500万円(243.5%)増の4億8700万円となった。
 農薬事業は、園芸剤が伸びたが、水稲用除草剤が販売不振だったため、売上高は前年度に比べて6億6000万円(2.3%)減の277億8300万円だった。一方、営業利益は製造コスト削減などが奏功し同2億200万円(41.1%)増の6億9300万円だった。
 ファインケミカル事業は、樹脂添加剤で前年を上回ったが、電子材料原料などが低迷し、減収減益だった。
 次期は、水稲用除草剤の販売回復、育苗箱処理剤の拡販、25年8月に農薬登録を取得した新規水稲用除草剤「ウィナー剤」の27年度からの販売開始に向けた広告宣伝などに注力し、売上高409億円、営業利益10億円、経常利益10億円、純利益6億円と増収増益を見込んでいる。


(関連記事)

【人事速報・機構改革】北興化学工業(12月1日付)(2013.11.19)

除草剤不振も増益維持 北興化学工業(2013.10.08)

水稲用除草剤の販売不振で減収 北興化学(2013.07.19)

除草剤ふるわず 減収増益  北興化学が11月期決算(2013.01.16)

農業の構造改革に向けて、活発な議論を 農薬工業会が賀詞交歓会 (2013.01.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ