農薬 ニュース詳細

2013.07.19 
水稲用除草剤の販売不振で減収 北興化学一覧へ

 北興化学工業は7月12日、平成25年11月期第2四半期決算を発表した。

 同期までの累計売上高は前年同期比3%減の211億5900万円、営業利益は同14.7%減の5億6700万円、経常利益は同47.9%増の7億5300万円、四半期純利益は同333.3%増の4億1800万円だった。
 農薬事業は、国内の園芸用殺菌剤が伸びたが、水稲用除草剤の販売不振により、売上高は同3.9%減の158億3100万円となった。営業利益は同11.6%増の7億4700万円。
 ファインケミカル事業は、樹脂添加剤や医農薬中間体は前年同期を上回ったが、電子材料原料やその他の事業分野が低調に推移したため、ほぼ前年同期並みとなった。


(関連記事)

除草剤ふるわず 減収増益  北興化学が11月期決算(2013.01.16)

農業の構造改革に向けて、活発な議論を 農薬工業会が賀詞交歓会 (2013.01.08)

厚木の開発研究所、実験棟を新築 北興化学工業 (2012.07.10)

「エーワン」伸びたが育苗箱処理剤で競争激化 北興化学工業23年11月期決算 (2012.02.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ