農薬 ニュース詳細

2013.01.16 
除草剤ふるわず 減収増益  北興化学が11月期決算一覧へ

 北興化学工業は1月15日、平成24年11月期連結決算を発表した。年間通して病害虫の発生が少なかったことなどから減収となったが、販売費や管理費の削減などにより利益面では増益となり、当期純利益は黒字に回復した。

 売上高は前期に比べて13億2600万円(3.2%)減の398億8000万円、営業利益は同5000万円(7.6%)増の7億8000万円、経常利益は同2億600万円(41.4%)増の7億500万円、当期純利益は1億4200万円(前期は損失4100万円)だった。1株あたりの当期純利益は5.14円(前期は損失1.49円)だった。
 農薬事業の売り上げは同12億800万円(4.1%)減の284億4300万円、営業利益は同3億8000万円(43.6%)減の4億9100万円だった。農薬事業の輸出は3300万円(2.4%)増の14億2600万円だった。
 剤型別では、同社の主力商品である水稲用箱処理剤の販売が順調だったため、殺虫殺菌剤が同3億2700万円(4.7%)増の72億2800万円とのびた。
 一方、殺虫剤、殺菌剤、除草剤は前期比減となった。とくに除草剤は、水稲用除草剤の流通在庫増加などの影響で同6億6400万円(8.7%)減の69億7400万円と大きく減少した。こうした結果を受けて、次期では水稲用一発処理除草剤「エーワン」の販売強化・シェア拡大・収益改善に取り組むほか、26年産からの上市に向けて同社独自開発の新規開発農薬原体イプフェンカルバゾンの農薬登録の早期取得をめざす。
 ファインケミカル事業は医農薬中間体事業は順調だったが、電子材料や樹脂添加剤の受注減少などで売上高は同1億2200万円(1.1%)減の112億8600万円となった。一方、営業利益はコスト削減などが奏功し同3億5500万円(67.5%)増の8億8100万円だった。
 同社グループは次期業績を、売上高416億2000万円、営業利益12億9000万円、経常利益11億5000万円、当期純利益6億6000万円と見込んでいる。


(関連記事)

【人事速報】 北興化学工業 (2月26日付) (2013.01.16)

農業の構造改革に向けて、活発な議論を 農薬工業会が賀詞交歓会 (2013.01.08)

厚木の開発研究所、実験棟を新築 北興化学工業 (2012.07.10)

「エーワン」伸びたが育苗箱処理剤で競争激化 北興化学工業23年11月期決算 (2012.02.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ