Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

25年度は増収増益 アグロ カネショウ2014年2月13日

一覧へ

 アグロ カネショウ(株)は2月12日、兜町の日本証券アナリスト協会で平成25年12月期の決算説明会を開催した。それによると売上高は前期比12%増の133億5100万円だった。

会見に臨む櫛引社長 説明会で櫛引博敬社長は「農薬市場は水稲農薬が主流だが、当社はあえて果樹、野菜、花卉に特化した土壌消毒剤、病害防除剤の開発に注力してきた。農家に物を売るのではなく技術を売るというのが当社独自の営業戦略であり、農薬の正しい使用方法など、TCA活動を展開してきた」と同社の取り組みを説明した。TCAとは、テクニカル&コマーシャル・アドバイザーの略で、生産者から農家経営などの悩みや要望を聞き、同社の持つ知識や技術でアドバイスする活動をさす。
 同社は東日本大震災と福島第一原発事故により、主力生産拠点だった福島工場が甚大な被害を受けた。その代替工場としてバイエル クロップサイエンス社の旧結城中央研究所を買収し、昨年4月に結城事業所(生物研究所、茨城工場)が完成、稼働を開始したことなどを説明した。
 25年度連結会計年度の売上高は、133億5100万円(前期比12%増、14億3300万円増)、営業利益は10億3900万円(前期比10.8%減、1億2600万円減)、経常利益は19億1300万円(前期比63.1%増、7億4000万円増)、当期純利益は13億5600万円(前期比106.9%増、7億円増)だった。

(写真)
会見に臨む櫛引社長


(関連記事)

業績予想を上方修正 アグロ カネショウ(2014.01.15)

新剤開発、海外展開を加速  アグロ カネショウが決算(2013.02.13)

【人事速報・機構改革】 アグロ カネショウ 役員人事を内定 (3月27日付) (2013.01.16)

東電への損害賠償請求続ける アグロ カネショウが第3四半期決算 (2012.11.12)

韓国で農薬販売・普及を強化 アグロ カネショウ (2012.09.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る