Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【農薬登録】除草剤など5剤登録(9月24日付)2014年9月26日

一覧へ

 農林水産消費安全技術センター(FAMIC)は9月24日付の農薬登録情報を公表した。

 同日付で新たに農薬登録を取得したのは、新規除草剤4剤を含む次の5剤だ(▽「薬剤名」(用途・主な適用作物)メーカー名)。
▽「イネヒーロージャンボ」(除草剤・移植水稲)科研製薬
▽「日産イネヒーロージャンボ」(除草剤・移植水稲)日産化学工業
▽「モーレツ1キロ粒剤」(除草剤・移植水稲)OATアグリオ
▽「SDSモーレツ1キロ粒剤」(除草剤・移植水稲)エス・ディー・エス バイオテック
▽「クロステクト水和剤」(殺菌剤・西洋芝)ダウ・ケミカル日本
 「イネヒーロー」はこれまで1キロ粒剤の登録があり、ジャンボ剤の登録は初めて。「モーレツ」はピラクロニル、ベンゾビシクロン、ベンフレセートの既存3成分を混合した剤で、この3成分を使った剤は初めての登録となる。
 ダウの「クロステクト」はマンゼブ、ミクロブタニルの2成分混合剤で、同じ有効成分ではリンゴ、カキのうどんこ病やネギのさび病などに適用のある「ブローダ水和剤」が既存の剤として登録されている。

agur1409260701.jpg

(上の画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。)
 

(関連記事)

【農薬登録】新除草剤など16剤登録(9月10日付)

【農薬登録情報】8剤が新登録(8月27日付)(2014.09.03)

【農薬登録情報】リベロ水和剤を登録(8月6日付)(2014.08.19)

【農薬登録情報】3剤が登録(7月23日付)(2014.08.05)

【農薬登録情報】6剤が登録(7月9,10日付)(2014.07.16)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る