Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬出荷増、業績予測を上方修正 北興化学2014年10月14日

一覧へ

 北興化学工業は10月6日、平成26年11月期の業績予想を上方修正した。

 売上高は1月に公表した当初予測に比べて16億円増の425億円、営業利益が同7億5000万円増の17億5000万円、経常利益が1億5000万円増の11億5000万円に修正した。当期純利益は6億円で変わらず。
 予想を修正したのは、農薬事業では国内販売製品の流通在庫の減少による出荷増、ファインケミカル事業では樹脂添加剤の受注が好調だったことを要因に売上高が予測を上回り、それにより利益面も予測を上回る見込みとなったため。
 同日発表された第3四半期決算短信では、売上高が前年同期比14.4%増の約330億円、営業利益が同446.5%増の約18億円、経常利益が同289.9%増の約18億円、四半期純利益が同403.4%増の約11億円となっていた。


(関連記事)

ナノ粒子の技術開発で表彰 北興化学(2014.06.13)

ジャンプ・葛西選手を起用 ランネート普及会(2014.06.04)

アリスタ新社長に小林久哉氏 就任パーティ開催(2014.05.16)

水稲用除草剤「イプフェンカルバゾン剤」上市(2014.02.06)

水稲用除草剤の販売回復めざす 北興化学(2014.01.17)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る