左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

インドの農薬製造販社を買収 日本農薬2014年12月3日

一覧へ

 日本農薬はインドの農薬製造販売会社Hyderabad Chemical Limited(ハイデラバード社)の発行済み株式74%を取得し子会社化する。11月27日の取締役会で決議した。

 インドの農薬市場は約2000億円(2013年)で、今後もますます拡大すると見込まれている。日本農薬では同国を殺虫剤「アプロード」、「フェニックス」など主力品目の市場として位置づけ、直販体制の構築や、製造機能の獲得をめざしていた。
 ハイデラバード社はインド国内に製造・販売拠点をもつ中堅農薬メーカーであり、研究開発機能も持つ。日本農薬では同社が日本農薬の事業価値向上に資すると判断し、同社株主、経営陣らと協議を重ね、今回の子会社化が合意された。
 株式の取得は2015年1月末を予定している。子会社化後は、日本農薬は同社へ取締役を派遣し、創業家株主と共同で経営を行う予定だ。

【ハイデラバード社の概要】
○所在地:インド・テランガナ州ハイデラバード市
○設立:1954年
○資本金:約300万ルピー(約500万円)
○売上高:29億5200万ルピー
○当期純利益:1億6600万ルピー
○1株あたり当期純利益:564ルピー
(業績はいずれも2014年3月期)


(関連記事)

【決算】売上高19%増の567億円 日本農薬(2014.12.02)

大内脩吉さんのお別れ会を催行 日本農薬(2014.11.06)

新規除草剤「フェノキサスルホン」が農薬登録(2014.10.06)

「環境配慮が先進的」と評価 日本農薬(2014.10.03)

ブラジルの合弁会社 共同経営を発足 日本農薬(2014.10.02)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る