左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新規除草剤「フェノキサスルホン」が農薬登録2014年10月6日

一覧へ

 クミアイ化学工業、イハラケミカル工業が共同開発した新規除草剤有効成分「フェノキサスルホン」を含む除草剤が10月3日付けで農薬登録を取得した。

 フェノキサスルホンは、イソキサゾリン系骨格の新規除草剤。ノビエを主対象にし、一年生効用雑草や一部の多年生雑草にも有効で、環境や水変動による影響を受けにくく、残効性に優れているのが特長だ。
 クミアイ化学は、これを有効成分とする水稲用初中期一発除草剤14剤の農薬登録を同日付で取得した。登録を取得したのは、単剤の「ヒエカット1キロ粒剤」のほか、両社が共同開発したピリミスルファンとの2成分混合剤「ガンガン」(豆粒250、ジャンボ、1キロ粒剤)、ピリミスルファン、ベンゾビシクロンとの3成分混合剤「ベンケイ1キロ粒剤」、ピリミスルファン、ピラクロニルとの3成分混合剤「ヤブサメ豆つぶ250」のほか、ブロモブチド、ベンスルフロンメチルとの3成分混合剤「クミスター」(豆つぶ250、ジャンボ、フロアブル)だ。
 いずれも平成27、28年度からの販売を予定している。
 このほか、三井化学アグロが「クミスター」と同じ配合の3成分混合剤「アルファープロ」、日本農薬がベンスルフロンメチル、ベンゾビシクロンとの3成分混合剤「オオワザ」を、それぞれ同日付で登録取得した。
 クミアイ化学では、「フェノキサスルホンは国内水稲分野で広く普及されることが期待される」とコメントしている。


(関連記事)

【農薬登録】新たに42剤が登録(10月3日付)(2014.10.06)

新規芝用除草剤「ソリスト」 今秋に発売(2014.07.14)

クミアイ化学 学生懸賞論文を募集(2014.06.13)

【半期決算】園芸用農薬伸びる クミアイ化学(2014.06.13)

新殺菌成分の水稲用箱処理剤「エバーゴル」(2014.05.30)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る